診療科・部門紹介

  1. HOME>
  2. 診療科・部門紹介>
  3. 看護部門

看護部門

看護部長あいさつ

『患者さんがその人らしく地域で生活できるようリハビリテーション看護を提供しています』

 

部長イラスト.gif看護部長 竹下礼子

    当院は回復期リハビリテーション病棟が3病棟と整形外科病棟が1病棟あります。患者さんの回復に向けて医師をはじめPT、OT、STのリハビリ科スタッフ、薬剤師、栄養士のコメディカルスタッフ、地域リハビリテーション科のスタッフと連携を取り日々看護をしています。特にリハビリ科のスタッフと定期的にカンファレンスを行い、情報交換しながら具体的なケアを検討しています。退院支援においては看護師も家屋評価に同行する等、患者さんに安心して地域で生活して頂けるよう取り組んでいます。また、訪問看護ステーションと連携し、相互交流研修を行っています。

    看護部には慢性疾患看護専門看護師、脳卒中リハビリテーション看護認定看護師、訪問看護認定看護師、皮膚・排泄ケア認定看護師、摂食・嚥下障害看護認定看護師が在籍しており、それぞれの専門性を発揮して、より質の高い看護の提供に努めています。

看護部理念・目標

看護部理念

  私たちはリハビリテーション看護のあり方を追求し、Safety・Service・Smileを基に患者さんやご家族に信頼される看護を提供します。

看護部目標

 
    看護の3つのキーワード
<看護部目標>

  患者さんを生活者としてとらえ、その人らしく地域で生活できるように「考える看護」 「見守る看護」 「待つ看護を」を基本に専門性および質の高いリハビリテーション看護を提供します。

看護体制

看護方式

継続性のある看護と質の高い看護を提供するため、継続受持ち方式とチームナーシングを行っています。

勤務体制

 

変則 2 交替

日    勤

  8:30 ~ 17:15

夜    勤

16:00 ~  9:00

早    番

  6:30 ~ 15:15

遅    番

 12:30 ~ 21:15

葉っぱイラスト.gifのサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  夜勤は看護師2名体制

 夜勤者以外に起床時間から早番が勤務、消灯時間までは遅番が勤務しています。

 介護福祉士(又は看護補助者)の早番、遅番勤務もあり忙しい時間帯は手厚い人員配置をしています。

 救急外来は併設していないため、緊急入院など夜間の入院はありません。

 入院患者さんのケアに集中できます。

待遇・福利厚生

給与・手当

休日・休暇

  4週に8日の週休 + 祝祭日相当日

  年次有給休暇 年20日

  4月1日入職の場合 初年度15日 (最大20日繰越可)

  夏期休暇 5日

  その他、育児休業(最長3年)、慶弔休暇、看護休暇、育児短時間勤務制度等

福利厚生

  単身者住宅

    ワンルームタイプ 使用料金 12、600円/月(平成28年4月現在)  入居許可期間 5年間

  院内保育室あり (詳細はお問い合わせください)

教育体制

  看護師としての基本的能力の開発とリハビリテーション看護のキャリア形成ができるようにリハビリテーション看護実践キャリアラダーシステムを導入しています。

キャリアラダーシステム

laddersystem.pngのサムネイル画像

新人教育

【新人の教育目標】

  1. 根拠に基づき、基本的知識・技術を身につけることができる。

  2. リハビリテーション看護技術を身につけることができる。

  3. 看護手順に沿って安全に業務ができる。

  4. リハビリテーション看護実践を通して、自己の看護観を育てることができる。

  5. 職場環境に適応し、人間関係を築き組織人として成長ができる。

 

1年目教育研修の内容

時期

集合研修 他

部署(OJT)・基本的な行動

4月

新規採用オリエンテーション(2日間)

基礎看護技術講義と演習

リハビリテーション看護講義・演習(5日間)

【研修2日目は、病棟見学】

 日勤シャドウイング(5日間)

 日勤での患者受け持ち・看護記録業務開始

 (受け持ち1~2名から開始)

 軽度な患者より受け持ちを開始する。

 重度な患者は、技術の取得とその観察記録から開始する。

 技術の取得ができたら。患者の受け持ちをする。

  必ず実地指導者がフォロー

5月

基礎看護技術講義と演習

 日勤での患者受け持ち業務

 (受け持ち3~6名と徐々に人数を増やす)

 必ず教実地指導者がフォロー

6月

基礎看護技術講義と演習

 日勤での患者受け持ち業務

 必ず実地指導者がフォロー

 夜勤オリエンテーション

 夜勤シャドウイング、夜勤受け持ち開始

 必ず実地指導者がフォロー

7月

 

  基本技術の習得・実践状況に応じて、患者受け持ち患者数や

  重症度を上げていく。必ず実地指導者がフォロー

  夜勤オリエンテーション、夜勤シャドウイング、

  夜勤受け持ち開始、必ず教育担当者がフォロー

8月

 

9月

基礎看護技術講義と演習

新卒看護師看護部個別面談

  基本技術の習得・実践状況に応じて、患者受け持ち業務を

  一人で行う。

  (ただし、未修得技術については、指導者と一緒に実施)

10月

基礎看護技術講義と演習

11月

 

12月

 

1月

 

2月

看護記録・プライマリーナースの役割

看護観の構築

3月

 

 

 

ナーシングスキル日本版を採用しています!!  skills.jpg

 

ナーシングスキルはオンラインの看護技術教育支援ツールです。

たとえば「気管切開における患者の管理」については、手順と手順のエビデンスが表示されます。

また、動画と画像でも見ることが出来ます。

ご自分のIDが付与されますので、いつでもどこでも見る事が出来ます。

スマホでもOK!!

知りたいことがタイムリーに調べられます。

新しいコンテンツが暫時、UPされますので、新しい知識も得られます。 

看護学生の皆さま

<臨地実習受け入れ校>

   ○ 首都大学東京健康福祉学部看護学科

   ○ 東京女子医科大学医学部保健衛生学科

   ○ 帝京平成大学ヒューマンケア学科

   ○ 東京工科大学医療保健学部看護学科

 

  ※ 臨地実習指導者の専任化に取組み、充実した回復期リハビリテーションの実習ができるよう努めています。   ★ ぜひ、インターンシップおよび病院見学へお越しください。

    お気軽にお問い合わせ願います。

 

 ▽▲リクルート情報サイトもぜひご覧下さい。▲▽  http://www.tokyo-reha.jp/joinus/