診療科・部門紹介

  1. HOME>
  2. 診療科・部門紹介>
  3. リハビリ部門>
  4. 理学療法

理学療法

当院の理学療法科では、患者さんの在宅・社会復帰に向け、専門職の立場から患者さんとの信頼関係を第一に考え、ひとりひとりの状態に合わせた適切な治療(理学療法)を提供します。当科スタッフは、ベテランから若手まで幅広い年齢層で固めており、質の高い治療を患者さんに提供できるように各々が刺激し合い、個々の知識、技術の向上を行い、日々努力しております。また、日々の業務以外においても、自己研鑽のため、講習会・研修会への参加や学会発表なども積極的に行っています。

理学療法とは

当院の理学療法は、脳血管疾患や整形疾患などの病気や傷害によって生じる機能低下の改善や廃用症候群の予防、基礎体力の維持・向上を目的に、患者さんの状態に合わせて「運動療法」「物理療法」「装具療法」を実施しています。

理学療法の内容

人は普段生活する上で、「寝返る」「起き上がる」「座る」「立ち上がる」「歩く」などの動作を行います。これらの基本動作は、退院後の日常生活に大きく影響するため、入院期間中はリハビリスタッフと一緒に多くの練習を行います。また、身体を動かすことを通して、身体機能だけではなく認知機能の改善を図ります。

  • 全身体力向上運動
  • 基本動作練習
  • 歩行練習
  • 自主トレーニング指導
  • 介助指導
  • 家屋調整
  • 装具の選択・適合チェック など

新人教育プログラム

「自立して業務を遂行できる」を最終目標とした最短3年間のプログラムとなっています。目標が達成されるまで継続する為、個々に応じた内容・速度で行われるのが特徴です。初年度には、事務的な業務内容が臨床的な内容で構成されています。臨床的な知識は1コマ40分の授業形式20コマを科内勉強会の資料にのっとり実施し、実技は経験豊富な職員にて行われます。指導者は複数人付くことで偏った指導とならないように配慮し、職員全体で新人を教育する体制をとっています。全てのプログラムが終了すると修了証が与えられ、自立して業務を行うことになります。

科内勉強会

理学療法科内の職員によって行う勉強会です。近年は職員を数人ごとのグループに分けて設定したテーマについて年に一回の発表を行ってます。平成27年度のテーマは、「大腿骨頚部骨折患者の調査」「回復期病棟における理学療法士の役割と取り組み」「薬と理学療法」「カンファ用紙の読み方」でした。これまでに科内勉強会で作成した資料は、新人教育プログラムや学生指導にも利用しています。

院内研修会

科内職員の希望を取り、外部講師に依頼している研修会で、以下の内容で年に2~4回実施しています。

平成26年度 「胸郭の理学療法Ⅱ」「応用行動分析学」「注意障害に対する理学療法」

平成27年度 「中枢神経疾患における起居動作」「下部体幹の機能解剖と運動療法」

平成28年度「股関節の機能解剖と理学療法」「筋機能と理学療法」「病期別にみた脳卒中片麻痺患者の歩行改善に向けて~機能回復と代償動作のバランス」

 

 

理学療法室の紹介

理学療法室は広く、治療用ベッド数も多く、その他、平行棒、階段、トレッドミル、エルゴメーターなど治療用の設備は充実しています。

  • 全体

  • エルゴメーター

  • 物理療法室

スタッフ数

現在、理学療法士常勤40名、非常勤1名が勤務しています。                 

認定理学療法士 脳卒中5名 運動器1名 介護予防1名

経験年数 20年以上 20年~10年 9~5年 4~1年 合計
人数 4名 14名 6名 17名 41名

活動実績はこちら