診療科・部門紹介

  1. HOME>
  2. 診療科・部門紹介>
  3. 看護部門>
  4. 職場紹介

職場紹介

回復期リハビリテーション病棟

「回復期リハビリテーション病棟」は、脳血管疾患または大腿骨頚部骨折等の患者さまに対して、食事、更衣、排泄、移動、会話などのADL(日常生活動作)の能力向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的としたリハビリテーションプログラムを医師、看護師、理学療法士、作業療法士等が共同で作成し、これに基づくリハビリテーションを集中的に行うための病棟です。

 訓練を訓練だけで終わらせず、日常生活の中でできてこそ本当に患者さまが獲得したADL(日常生活動作)と言えます。私達看護師は、24時間患者さまを見守り、日常生活の関わりの中で援助、指導を行い、できることを引き出すよう関わっていきます。

回復期リハビリテーション病棟の特徴

1. 生活に根差したリハビリテーションの重視
在宅生活と同様に起床後はパジャマから普段着に着替え、洗面し食事をする。当たり前と思われるこの日常の生活を、自立支援の視点で患者さま・ご家族と向き合い関わっていきます。
ベッドサイドリハ

入院当日からリハビリテーションは始まります。ベッド周りの動き方を確認しています。

  • Bedside Evaluation(入院当日)

  • Bedside Evaluation(入院当日)

モーニングイブニング訓練

食事、整容、更衣、排泄を中心とした生活に直結したところでOT(作業療法士)と協力しリハビリテーションを行っています。

2.リハビリに適した療養環境
リハビリが行いやすい環境で、入院生活そのものがリハビリになるよう援助していきます。

食堂

広い窓、広いスペースを設けています。

梅若湯

銭湯の様な大きな浴槽が特徴です。

ADL

一般病室とは異なる、より家庭生活に近い設定の病室もあります。

  • 病棟 ADL

  • 病棟 ADL

廊下

車椅子も安全に動けるゆとりあるスペースで車椅子移動訓練や歩行訓練なども行います。

  • 病棟 廊下

  • 病棟 歩行訓練

病棟 廊下

高次脳機能障害のある患者さまに居室からトイレや食堂までの道順を示すラインを作り、ラインに注目し、意識して行動できるよう援助。

3.チームで機能回復をサポート

各専門職が患者さまを中心としたサポートスタッフとして関わります。中でも看護師は24時間、常に患者さまの生活を観察し、サポートスタッフに情報を伝達し、訓練に活かせるよう関わっています。

  • ケースカンファレンス(初回・中間)


4N病棟

整形外科、リウマチ科が中心の45床の一般病棟です。また、入院判定会を経て病状が安定し、リハビリや退院支援などを効率的に行い、在宅生活、社会復帰を不安なく退院していただくために「亜急性期病床」を8床設けています。手術は年間100件以上あり、その半数以上を人工関節の手術が占めています。また、他の病院で急性期の治療を終了した患者さまが在宅生活や社会復帰を目指しリハビリを行っています。入院患者さまの半数が70歳以上であり、高齢者の看護も重要になっています。看護はモジュールの受け持ち看護体制をおこない、手術のチームと高齢者の手術後や脊髄損傷の患者さまと2つのチームに分かれています。6階病棟からはスカイツリーが見え、また食堂からは富士山が見え、特に夕日はとてもきれいです。仕事をしながら景色を見て癒されながら仕事をしています。

手術室

整形外科・リウマチ科・泌尿器科が年間130件前後の手術を行っています。主な手術は人工関節の手術です。麻酔科依頼の手術がある日が週2日(月曜・水曜)でそれ以外は、病棟へお手伝いに行っていますので、患者さまとの関わり合いも経験できます。手術室のスタッフは師長とスタッフ2名の合計3名の少数チームですが、先生方や病棟の協力もあり、手術はスムーズに進行できています。また、少しでも安心して手術が受けられるよう術前術後訪問を実施しています。

外来

リハビリテーション科・泌尿器科・整形リウマチ科および歯科が診療を行っています。

リハビリ科の中には、「摂食嚥下」の専門分野の外来があります。

また、通院リハビリをしている患者さまには、訓練前に血圧測定、体調の確認等の診察を行っています。

平成19年に、自動車運転評価ができる「ドライビングシュミレーター」を第4診察室内へ設置しました。入院患者さまのみを対象に、評価・訓練に使用しています。

平成20年からオーダリングシステム、電子カルテシステム、画像管理システムを導入し、よりスムーズな診療が出来るよう努めています。

外来看護師は4人です。火曜日には皮膚・排泄ケア認定看護師(日本看護協会)が外来および入院患者さまの尿失禁と排便障害についての相談・ケアにあたっています。

看護師は外来診療の補助にあたるとともに、身体に障害を持たれた患者さまがリハビリを通してよりよい生活を送れるように支援することも重要な役割です。診察またはリハビリに通院する患者さまが安全に、そして満足感が持てるように接することを心がけています。

看護師からのメッセージ

新人ナースからメッセージ

shinjin_message_01.jpg

☆ 石井茉衣(都立板橋看護専門学校卒) 平成28年4月入職

 

 〇当院に就職した理由は?

 患者さんが機能回復していく過程に関わる事が出来るリハビリテーション看護に魅力を感じたからです。

 

 〇嬉しかったことは?

 先輩、指導者さんに褒めていただいたこと。患者さんに「ありがとう」と言われときや励ましの言葉をいただいたとき。

 

 〇めざす看護師像は?

 看護知識・技術を持ち、状況に合わせて的確に動けること。患者さんの訴えに耳を傾け丁寧な対応をして信頼される看護師になりたいです。

shinjin_message_02.jpg

☆ 松山美咲(帝京平成大学卒)平成28年4月入職

 

 〇当院に就職した理由は?

 元々回復期の病院で働きたいと思っていました。大学の友人が実習に来てとても良かったと評判を聞き病院見学に来ました。大学の講義に当院の認定看護師の方の講義がありリハ看護に興味を持ちました。

 

 〇嬉しかったことは?

 患者さんから名前で呼んでもらえるようになり、また毎日頑張っているねと言ってもらえたりすることです。

 

 〇めざす看護師像は?

 患者さんが笑顔になれること、患者さんから日々の変化を 話して頂いたり、相談してもらえる看護師になりたいです。

 

☆ 栁澤久美子(都立板橋看護専門学校卒)平成28年4月入職

 

 〇当院に就職した理由は?

 祖父がお世話になったのがきっかけで就職しました。インーンシップに参加したところ、指導者さんをはじめ病棟の看護師さんが脳卒中について おすすめの本を紹介してくださり、病棟全体で学生を温かく迎えてくださる 雰囲気に惹かれました。

 

 〇嬉しかったことは?

 患者さんから「今日は見守りがいらなくなったんだ。」「一人でできるようになったと。」と日々の知らせていただけることや、入院してから初めて腕や足が上がった瞬間に立ち会い一緒に喜べることです。

 

 〇めざす看護師像は?

 佐藤主任(脳卒中リハビリテーション看護認定看護師)のように患者さんの立場に立って丁寧な対応のできる看護師になりたいです。